夫婦で初めてのお伊勢参り 日本の総氏神様に手を合わせ感謝の気持ちを捧げます!の巻

シェアする

伊勢神宮2015

さぁ、いよいよ今回の旅の目的であります伊勢神宮参拝。

私は以前に一度お参りさせて頂いたことがありますが、ダンさんはほぼ初めて。

「小学校の修学旅行で行ったような、でも記憶がない」

とのことσ^_^;

さすがに、日本の総氏神様がいらっしゃる所なので、写真をパチパチ撮るという行為は失礼と思いましたのしで、いろいろ参拝させていただきましたが、お宮様の写真は控えさせていただきました。

スポンサーリンク

日本の総氏神様に手を合わせ感謝の気持ちを捧げます!

伊勢神宮の参拝順は、一般的に外宮→内宮の順になっておりますので、それに従って外宮よりお参りさせていただきました。

まずは、鳥羽駅から伊勢市駅まで近鉄に乗って向かいました。

伊勢市駅

伊勢市駅より外宮までは歩いて数百メートル。

駅よりまっすぐ前に進めば着きます。

伊勢神宮外宮道1

道中は、いろいろお店も連なっています。

伊勢神宮外宮道2

しばらくすると、外宮前の信号に到着。

伊勢神宮外宮前信号

外宮には、衣食住の神様である豊受大神様がいらっしゃいます。

豊受大神様看板

朝8時過ぎということもあって参拝される方は多くなく、ゆっくりと参拝させていただくことができました。

伊勢神宮外宮内道

この石は、亀石と言って亀の形をしていて、向かって左側が頭になってるんですが、ちょっとわかりにくくてすみませんσ(^_^;)

伊勢神宮外宮の亀石

境内には、こんな珍しい木がありました。

伊勢神宮外宮の夫婦の木

木自体は一つなのに二つに分かれている。

まるで夫婦の木のよう( *´艸`)

って、勝手に私がそう思ってるだけですが…。

外宮の参拝を終えた後、バスに乗って内宮へ。

伊勢神宮内宮道2

正宮に向かうまで境内を歩き進みます。

伊勢神宮内宮道

すると、五十鈴川が見えてきます。

五十鈴川

五十鈴川で、身を清める代わりに手を洗います。

五十鈴川で手を清める

そして、さらに歩いて進むと見えてきました。

天照大神様がお祭りされている正宮です。

伊勢神宮正面

ここから先は、撮影禁止になってます。

個人のお願いどころか、そもそもここではそういったお願いをする所ではないのですが、一種の緊張感のようなピシっと身の引き締まるような感じがしました。

無事にお参りさせて頂けたこと。

ただただ、その感謝しかありませんでした。

参拝を終え、帰りの道順を歩いていると素晴らしい木に遭遇。

伊勢神宮神木1

根本なんですが、大きいですよね?

伊勢神宮神木2

樹齢何年?何百年?って感じでもう完全に御神木って感じです。

伊勢神宮神木3

写真では分かりづらいですが、実際にナマで見ると本当に生きているような。

いや、実際に生きてるんですが(笑)

なんと言うか・・・

今にも喋るり出すんじゃないか?何かが住み着いているんじゃないか?って思うくらいリアルな木でした( ̄∀ ̄)

そして、内宮の中の最後にお参りをした所のある物をご紹介。

内宮内で、天照様以外にもいくつかの神様がお祭りされています。

その中の一つである子安神社という所に参拝したのですが、そこの手洗場が可愛いかったですよ(^^)

子安様

今回の旅の一番の目的であった伊勢神宮参拝。

穏やかに、そして無事に参拝させていただくことができました。

改めまして、本当に感謝ですm(_ _)m

えいこ
えいこ

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. おすだぬき より:

    五十鈴川、手を洗ってたら嫁に後ろから押されて危うく転落しそうになった思い出が(笑)

    グラスワンダーが朝日杯を勝った年(オイラ的にはPOG馬マイネルラヴが2着に負けた年ともイイマス)のことですから、もう20年近く前のことですがね~(^_^;)

    夏競馬、お清めの効果は出ておりますか?

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      お清めの効果は・・・う~ん・・・(苦笑)
      僕ぐらいになると、五十鈴川にフンドシ一丁で飛び込んで清めないと、効果は出ないのかも?(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)