函館スプリントS2015のレース回顧と次走以降の注目馬と、ぜひとも次走で狙いたい穴馬

シェアする

2015年函館スプリントS

「直線内で詰まって何も出来なかったローブティサージュの三浦騎手はヘタだ!」と巷では言われているようですが、「それはただの結果論でしょう」と声を大にして言いたい。

まさか、元騎手とかがそんなこと言ってないですよね?(笑)

では、函館スプリントS2015のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

函館スプリントS2015のレース回顧

前が競り合って超ハイペースとなったことで、前半無理をした逃げ先行馬が直線内で止まって、直線スムーズに外に出した差し追い込み馬が上位を独占した。

函館スプリントS2015の次走以降の注目馬

アンバルブライベン

叩いて出していくも最内枠から逃げ主張した馬を交わせず2番手からの競馬に。この攻防が超ハイペースを作ってサスガに直線力尽きて5着。とは言え、前と後ろが完全に入れ替わった中で、この馬だけが前で競馬して掲示板を確保したのはサスガにこのメンバーでは力ある。

ローブティサージュ

パドック気配からも調子は良かったと思う。内枠から楽に前から3列目の最内という絶好のポジションで競馬するも、レースが超ハイペースになったことで前半無理をした逃げ先行馬が直線で止まって、その止まった馬たちに囲まれて全く追うことができずに完全に脚を余した。全くの度外視。

ぜひとも次走で狙いたい穴馬

好スタートから枠ナリに馬群の大外を回しての先行は、最も厳しい競馬をしたと言って良い。枠が内ならもっと粘れてたハズ。内有利な馬場で内枠を引けば、このメンバー相手なら勝ち負けできる。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在5位前後)

編集後記

これまでの経験上、サスガにこのレースを「超ハイペースの外差し決着になる!」と予想することは僕には出来ないし、もし、僕がそんな予想をしていたなら、ウマニティの予想コロシアムで17大会連続プラスの記録は作れてないと思います。

このレースで逆張り、つまり、差し決着になると予想することは、これまでの経験上、長い目で見ればマイナスに働きます。

何事もそうやけど、一瞬一瞬に一喜一憂するんじゃなくて、もっと長い目で広い視野で物事を見て、落ち着いて対応できる人が、僕は一流やと思ってます。

決してちょっとした思い付きだけで、気分を害する可能性が非常に高い写真を、プロフィール画像にして晒すようなことはしてはいけません!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)