【予想追記】函館スプリントS2015予想:出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想

シェアする

2015年函館スプリントS

函館の芝の傾向は、馬場傾向の記事で書いた通りでしたね。

あ、U字コース(1000,1200m)は定石通り「内先行有利」でしたけど、周回コース(1800,2000,2600m)は書いた通りでした。

函館の傾向はこんな感じ⇒ 人気ブログランキングへ(現在4位前後)

では、函館スプリントS2015出走馬の前走チェックコメントと「勝ちポジ」予想です。

スポンサーリンク

函館スプリントS2015出走馬の前走チェックコメント

僕が前走時にチェックコメントを書き残した馬と、そのチェックコメントをここで紹介します。

前走のレースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

馬名が無い馬は、前走でチェクコメントを書き残していない馬です。

4枠7番コパノリチャード(高松宮記念)

馬群の大外を回す形になっただけに、結果的には17番枠が仇になった。

5枠9番ティーハーフ(彦根S1600万)

CUをC回して1着は強いっちゃ強いけど。

函館スプリントS2015の「勝ちポジ」予想

函館の馬場ですが、ワンターンのU字コース1200mは、圧倒的と言って良い内有利です。よほどの力差があるか、内を回した逃げ先行馬の力が無くて止まらない限りは、内を回さないとどうしようもない感じです。

続いてペースですが、二の脚の速さは天下一品のアンバルブライベンがこの枠なら楽に逃げれそうです。この馬が逃げるとハイペースにはならないのがパターンで、ここもハイペースにはならないでしょう。1200m戦としてはゆったりした平均ペース想定です。

「内有利な馬場」で「1200m戦としてはゆったりした平均ペース」ということで、「勝ちポジ」は「内先行」(「栄光の競馬新聞」的には「US」)と予想します。

内先行

ということで、上位に取るのは、

(1)「内先行」の「勝ちポジ」を走りそうな
(2)軽い馬場(「栄光の競馬新聞」で「US」「CU」「内」)で好走歴のある
(3)地力上位の馬(「栄光の競馬新聞」の指数の高い馬)

ということで、面白くも何ともない予想になりますが、

本命◎:2枠3番アンバルブライベン
対抗◯:4枠7番コパノリチャード
単穴▲:1枠2番メイショウイザヨイ
惑星☆:3枠6番ローブティサージュ

夏場に走る長期休養明け初戦の単穴▲メイショウイザヨイの激走に期待です。

「勝ちポジ予想理論」については、「Be Winning Horseplayer」の第5章で確認下さい。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. サカタケンジ より:

    英治さんお疲れ様ですっ。
    HTB杯は、
    ラヴァーズポイントとエイシンオルドスまでは抑えられたのですが
    アンブリカルは抑えられませんでしたっΣ(゚д゚lll)
    ヒモからの総流しでもある意味儲かりそうですねっ汗
    2Rと11R以外はなんとかとれました!
    今回の夏競馬はなんか難しいっす涙

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      よっぽどじゃない限りは、長い目で見て総流し馬券は儲からんですよ。
      儲かる軸馬から総流し馬券のシミュレーションをすれば分かります。
      あのサラマッポさんの軸馬から総流ししても儲からんですよ、多分(笑)

      • サカタケンジ より:

        ありがとうございますっ
        危ないところでしたっ汗
        先々おもいやられますっ涙

        • サカタケンジ より:

          あまり予想家さんのことしらないのですがマサラッポさんとは!?
          凄い予想家さんみたいですね!
          夏競馬は勉強し直さないと損しそうなので
          ちょいと見してみますっ汗

  2. おすだぬき より:

    ◎③アンバルブライベン
    ◯⑥ローブティサージュ
    ▲⑩サトノデプロマット
    △⑨ティーハーフ
    △⑤エーシントップ

    速く流れすぎの展開だと死亡です…(^_^;)

  3. サカタケンジ より:

    うっΣ(゚д゚lll)
    また、メイン荒れましたねΣ(゚д゚lll)

  4. サカタケンジ より:

    お早うございます。
    騎手も内先行有利は承知の上で
    序盤、逃げ先行争いに脚を使って
    気付けばハイペースΣ(゚д゚lll)
    外枠をひいて仕方なく中段後ろから脚を溜めた馬が大外一気ってことですかね?
    っちゅうことは
    内枠から中枠くらいに逃先行が大量に入ってるレースなんかは逆の展開で穴を狙うのもアリなんですかね?
    だとしたら、
    差追展開なら馬連ワイドは取れたかもしれないレースでしたっ汗
    アンバルブライベンはよくあそこまで残したっていうのも評価しても良いのですかね?
    今回のこのレースに限ってですが英治さん的には「逆」の予想は考えに入れることって有りだと思いますか?

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      僕の予想見解は記事に書いた通りで、あれが僕の予想スタイルです。
      ペースの読みが全く違ったので、ハズレて当然のレースなので、悔しさとかは全く無いです。

      僕は今の予想スタイルで予想してきて、そして、今までそれなりの結果を出してきました。
      今の予想スタイルを覆して予想をし始めると、また昔のように露頭に迷って負け続けることになってしまうと思うので、実績のある結果の出てる今の予想を僕は続けます。
      今の予想スタイルでも大きいのん沢山当たりますし(笑)

      っていうか、今の競馬は長い目で見て「ハイペースになる」と予想してると、ほとんど馬券は当たらないですよ(笑)
      なので、このレースの予想も結果的にはハズレでしたけど、長い目で見たらこの予想の方が率が良いハズです。
      逃げ先行馬の回収率と、差し追い込み馬の回収率を比較すれば一目瞭然でしょ(笑)

  5. サカタケンジ より:

    たしかに!
    昔、スロットで稼いでいた時もそれと同じ考えでしたね。
    機械割の高い、高設定が入りやすい、設定判別が効く台を1日打ち通す、
    パチンコは釘が見れて、回転率が良い台を見つけて年間打ち通す
    これらが出来ない打ち手は、それで食べていけないというのがパチンカー、スロッターの鉄則でした。
    競馬も似ていると言っても過言ではないっちゅうことですかねm(._.)m

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)