鳴尾記念のレース回顧と次走以降の注目馬と、左回りに変わって狙いたい馬と、ジョッキーコメント

シェアする

2015年鳴尾記念

前走の天皇賞(春)で、軽い馬場なら距離関係なく現G1クラスのトップクラスであることを証明したラブリーデイが、良馬場の地力勝負レースで完勝したこのレース。

では、そんな鳴尾記念のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

鳴尾記念のレース回顧

距離とペースによって有利不利が変化する馬場で、このレースはシッカリとした逃げ馬が平均ペースを作って地力勝負レースに。

ラブリーデイ

地力勝負を外枠から外々回す強気の競馬をしながら0.3秒差完勝。力の違いを見せつけた。

エアソミュール

走れる条件が全て整っていたにも関わらず4着も、レース後に「レース中に爪をぶつけた」とのことで次走予定していた宝塚記念を回避。敗因は明確なので次走もフツーに注目。

左回りに変わって狙いたい馬

内々をロスなく回して脚が溜まっていたとは言え、最後の直線は前が壁で残り100m手前までほぼ追えず、外に出して追い出せても内にモタレてマトモに追うことができなかった。3歳時から右回りで内にモタレるクセが治らないので、右回りなら内ラチピッタリ回すしかないけど、追い込み馬なのでそれは無理なので、そうなると左回りということになるか。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在4位前後)

編集後記

調教後にジョッキーが「絶対に勝つ」と言い切ったアズマシャトルは3着。

和田騎手の嘘つきっ!もう信じへんからなーっ!!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. 大橋 利光 より:

    まぁ、和田くんですから(笑)

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      ツイッターで文句言ってやろうかな?(笑)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)