安田記念のレース回顧と次走以降の注目馬と、ゴール前平坦の軽い馬場のマイル戦でこそ狙い目の馬と、福永騎手へ叱咤激励

シェアする

2015年安田記念

モーリスのこのレースの勝利に関しては、同厩のリアルインパクトが捨て身でムチを入れて追って出して行って逃げて速めのペースを作った好アシストがあってこそだったのではないかと思う今日この頃・・・

では、安田記念のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

安田記念のレース回顧

内外フラットな馬場でペースも流れて完全地力勝負レース。

安田記念の次走以降の注目馬

モーリス

いつものようにゲート内ではウルサかったけど、奇跡的にタイミング良く好スタート。3コーナーまでは馬群の中で少し行きたがってたけど、直線に向いても残り300mまで持ったままで追い出しを我慢する余裕を見せて横綱競馬で1着。このレースに関しては、奇跡的なタイミングでスタート出たことと、同厩のリアルインパクトの好アシスト(速いペースを作った)があったのが勝因かな?

ヴァンセンヌ

掛かる馬なので好スタートも後方からの競馬を選択。馬群の中で折り合いに専念したこともあって、直線に向いても馬群の真っ只中で前が壁。進路を探して残り200m手前でようやく3着馬の外に出して追い出すも惜しくも届かず脚を余した。結果論ではあるけど、前走のようにコーナーで馬群の外を回してスムーズな競馬ができていれば、馬場的にもペース的にも差し切れてたと思う。ただ、これはあくまでも結果論であって、差し馬が脚を余すのは仕方ない。現時点ならマイル戦では勝ち馬よりもこの馬の方が能力は上じゃないかと思う。

ゴール前平坦の軽い馬場のマイル戦でこそ狙い目の馬

ゴール前平坦の軽い馬場のマイル戦が最もパフォーマンスが高い。G1で勝ち切るには、軽い内有利な馬場で内枠を引きたい。

この馬⇒ 人気ブログランキングへ(現在3位前後)

編集後記

それにしても福永騎手は、巷で叩かれてるようなヘタな競馬はしてないんやけど、それでも叩かれやすい競馬をしてるなと思う。

それもこれも、いつも100点の競馬をするからやと思う。

このレースに関しては、前走のように距離ロス覚悟でコーナーで馬群の外を回す競馬が120点の競馬やったんやと思う。

まあ、結果論やけど(笑)

でも、結果論で「良い競馬をした!」と讃えられる競馬が120点の競馬。

桜花賞の岩田,皐月賞のミルコ,天皇賞(春)のノリさんが、まさに120点の競馬。だからこそG1を勝てる。

100点の競馬をしても、能力が拮抗している今のG1はナカナカ勝てない。

福永騎手には、もっと思い切った競馬、つまりは120点の競馬ができるようになってもらいたいなと思う。

もちろん、120点の競馬をして大敗して叩かれることもあるでしょう。

でも、今みたいに100点の競馬をして叩かれるよりはマシじゃないかと(笑)

福永よ、もっとチャレンジせよ!オレは応援してるで!

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント

  1. かつ より:

    はじめまして。
    ブログ読ませて頂きました。
    栄光の競馬新聞もすごい気になります。
    そして毎週の勝ちボジ予想の◎って単複で買い続けたら、3P馬みたいに年間トータルプラスになるのでは?と思いましたがどうなんでしょうか?

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      こんにちはー。
      今年は僕のチャレンジとして直前予想(締め切り3分前)じゃなくって事前予想(大体お昼ぐらい)なのでどうか分かりませんが、去年以前の直前予想だと、本命◎馬の単勝はずーっとプラスでした。
      事前予想でもプラスが出せるように頑張って予想してます。

      • かつ より:

        お返事有難うございます。
        もう一つ質問ですが、儲け馬というチャレンジ予想が3月からなくなってますが、これが勝ちポジ予想と同じなんですか?
        また勝ちポジ予想は複勝でもプラスになりそうですが複勝はどうでしょうか?

        • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

          書くのが面倒くさくなって、長らく「儲け馬」書いてないですね?(汗)
          基本的に、今の僕の予想は全て「勝ちポジ予想理論」で予想してます。
          僕の場合、狙う馬は「勝ち切ってくれそうな馬」なので、複勝よりも単勝の方が回収率は高くなる傾向があります。
          これまでの統計から、僕の予想の複勝は回収率100%は超えてません。
          狙いを「3着までに入ってくれそうな穴馬予想」とすれば、複勝の回収率も上がると思いますけど、そのチャレンジをする予定は今のところないです(笑)

          • かつ より:

            お返事有難うございます。
            栄光の競馬新聞も興味深々ですのでブログ読み返して理解してみようと思います。

  2. サカタケンジ より:

    英治はん、お疲れ様です( ^ω^ )
    この福永はんへのコメントよくわかりますっ。
    僕は展開予想として、
    この騎手がこの馬に乗るとこういうレースになり
    馬券圏内、もしくは勝負け出来る
    といった様な予想をたてます。
    (もちろん馬の実力ありきの話ですが)

    特に追込む競馬で負け続けている実力馬が
    先行してくる様なレースを勝負レースにしてます。
    しかしながら、騎手、馬、レースタイプがなかなかマッチしないのでスルーになることがほとんどです。

    ですので本当なら福永はんが騎乗している馬は本命にしたいことが多々あるのですが
    勝ち切るといった意味でなかなか買いづらいですね。
    特にG1にもなると、みんなとんでもない行動をとってくるのでっ汗

    福永はん関係無いけど、アンドリエッテは出たなりで中段前目くらいから1度勝負してくれないかなと思う今日この頃です( ^ω^ )

    • 栄光の競馬道(菅田英治) より:

      福永騎手は叩かれることが多いですけど、逆に言えば、それだけ注目されてるということなんですよね。
      成績を見てみると、福永騎手は勝ち切ってくれるタイプの騎手です。
      あと、福永騎手はよく考えて乗ってくれる騎手です。
      大多数の騎手が何にも考えないで乗る中、馬場もシッカリ考慮して乗ってくれます。
      なので、僕としては福永騎手はもの凄く買いやすい騎手だし、実際に買う騎手です。
      今年も去年同様に北海道参戦するんかな?
      もしそうなら、また凄い活躍すると思います。
      なぜなら、福永騎手は馬場を考慮して乗るから。
      福永騎手からは、目が離せません!

      • サカタケンジ より:

        たしかに。
        考えているからこその安定した騎乗ですねっ。
        僕の中での勝負レースはかなりギャンブル性(笑)があるので
        福永はんをヒモとしてました。
        ギャンブル性が高いからこその福永騎手なのかもしれないですねっ
        考え直さなくてはm(._.)m

        因みに菊花賞ではリアルスティールを頭で狙っています。
        枠順次第ですが、内枠を引いたら迷わずいきたいです。
        どっちにしろ2番人気以上は動かなそうですがσ(^_^;)

        Q.僕は予想から外していたのですが
        ダービーでの敗因ってやっぱり怪我の原因だったんすかね(´・_・`)?
        Q.天皇賞の典さんはかなりトリッキーな競馬でしたが120点評価の内容とは何ですか?
        僕の中で天皇賞に関しては、
        ゴールドシップの桁外れのスタミナを理解した上での騎乗としか、、、

  3. サカタケンジ より:

    あっ、予想から外したのはリアルスティールですっ汗

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)