オークスのレース回顧と次走以降の注目馬と、牝馬クラシック最後の秋華賞でぜひとも狙いたい馬

シェアする

2015年オークス

今年もいよいよ、競馬の祭典東京優駿日本ダービーが迫ってまいりました。

マイネル総帥の岡田繁幸さんのダービー番付を見て「何や、めっちゃフツーやん!」ってツッコミを入れつつ、それでも、岡田さん独特の表現である「筋肉が柔らかい,筋肉が固い」などをある程度理解できてきている自分の成長に喜びを感じながら「Run for the Classics 2015 ~日本ダービーへの道」を拝見させてもらいました。

岡田繁幸さんのダービー番付は、また別の所で紹介しようと思います。

では、オークスのレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

オークスのレース回顧

前半スローも残り1000mからペースが速まって11秒台のラップが続いたことで地力が問われる地力勝負レースになった。

オークスの次走以降の注目馬

ミッキークイン

過去4走で実質的に負けていない馬で、差し脚が活きる東京2400の地力勝負レースになれば勝ち切って当然。逆に、差し脚の活きないコースの内有利な軽い馬場になれば取りこぼす可能性がある。

ルージュバック

桜花賞の反省と凱旋門賞に出走できる馬かどうかの確認もあったのかも知れないけど、外枠からでも強気に距離ロス覚悟で好位に位置して地力勝負に打って出た。完全マークされての2着だけに負けて強しも、やっぱり2400mは適正的には少し長いように思う。この馬に1600~2000m戦で先行されたら、それこそ桜花賞馬でも太刀打ちできないんじゃないかと思う。

クルミナル

相変わらずの出遅れも、そこから追っ付けて出して行っても掛からないのがこの馬の良い所。強い2着馬を完全マークしての3着は、現時点で地力勝負では1,2着馬には敵わないということ。内枠から馬群の中でジッとして馬の間を割って瞬発力を活かす器用な競馬ができる馬なので、この馬がそんな競馬をして、1,2着馬が外を回す地力勝負をするようなら逆転も可能かも。

牝馬クラシック最後の秋華賞でぜひとも狙いたい馬

残り200mまでは掲示板圏内も残り100mで鞍上が追うのを止めたことで馬も走るのを止めて一気に失速して着順を落とした。最後までシッカリ追っていれば4~7着争いをしていたと思う。オークスよりもペースが速まりスピードが活かせる最後の一冠は十分勝ち負けできる。

編集後記

来週、オークスと同じ条件(東京2400m)で行われる競馬の祭典日本ダービー。

もし日本ダービーも天気がもって雨が降らずに良馬場で行われたら、オークスっぽい競馬になるんだと思います。

そうなると、人気上位馬の皐月賞のワン・ツーとか、青葉賞の勝ち馬とかが有力になるんでしょうけど・・・

でも、今週はどうも雨が降る感じ。しかも、日曜日から。

雨が降り始める時間と、その雨量によっては、予想がもの凄く難しくなりそうです。

僕の今年の日本ダービー予想は、パドックを見てからアップするという事になるかも?(笑)

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)