日本ダービー2015予想に サトノクラウン,タンタアレグリア,ミュゼスルタン,キタサンブラックの近走評価と、各馬の特徴

シェアする

2015年日本ダービー

昨日に引き続き、日本ダービー2015出走有力各馬の個別解説ビデオを公開します。

日本ダービー2015は事前に番付も公開してますので、その番付上位の馬をピックアップして解説します。

日本ダービー2015の番付はコチラ↓の記事を参照ください。

日本ダービー2015予想に 最終番付と、全ステップレースまとめ
*初回投稿:2015年3月24日18:00 皐月賞は、皐月賞時点での番付で前頭のドゥラメンテ(皐月賞時点での指数:103)→皐...

今日は、小結のサトノクラウン,タンタアレグリア、前頭のキタサンブラックの3頭です。

僕がレース回顧をして書き残したチェックコメントも一緒に紹介しますので、レースを見返す際の、また、予想をする際の参考にして頂ければ。

ドゥラメンテ,リアルスティール,レーヴミストラルの記事はコチラ↓

日本ダービー2015予想に ドゥラメンテ,リアルスティール,レーヴミストラルの近走評価と、各馬の特徴
桜花賞2015,皐月賞2015,NHKマイルC2015,オークス2015に引き続き、3歳限定のG1レースの最高峰レースということで、...

スポンサーリンク

サトノクラウン

3走前(東京スポーツ杯2歳S)チェックコメント
最内枠からコーナーでロスなく回せたことも良かったし、瞬発力勝負になったのも良かったのではないかと思う。パドックでシャキシャキした活気ある歩様をしていたけど、ゲート内で立ち上がったりしてうるさかった。

2走前(弥生賞)チェックコメント
休養明け初戦もあって、パドックではお腹ポッコリのやや太めの馬体も、前走同様リズムの良いシャキシャキした歩様で好気配。レースは、前走のようなゲートでウルサイ所も見せずに好スタートを切って、上位馬の中では最も前で競馬して、直線で早めに抜け出してしたこともあって本気で走っていないにも関わらず0.2秒差完勝。休養明けにも関わらず調教の動きが抜群だったし、パドックでもレースでも馬が走りたそうにウズウズしているのが伝わって来てた。このメンバー相手にこれだけの競馬ができているにも関わらず更なる上昇が見込めるだけに、客観的に考えて今年のクラシックで間違いなく勝ち負けするハズ。

前走(皐月賞)チェックコメント
出遅れ。出遅れを挽回しようと出して行くも、中枠から内に進路を取ったことで、前と横に馬が密集して包まれてしまって結局先行できず。しかし出して行ったことで馬が行きたがって少々エキサイトしてしまった。元々馬自身が走る気満々だけに、結果的にスタートの出遅れと挽回しに行ったにも関わらず挽回できなかったのが第一の敗因。更に、3~4コーナーで馬群の超大外をブン回したのが馬券圏外にまで飛んだ最大の敗因。4コーナーで内の馬に弾かれたことと、直線に向く際に勝ち馬に前をカットされたことは、3~4コーナーで馬群の超大外をブン回したことに比べると大したことではない。逆に、これだけの敗因が重なりながらも、勝ち馬に次ぐ上がり時計2位タイの脚を使って後続の馬に差されることなく着順を上げたことは高評価できる。全くもってして力負けではない。ダービーの馬場と枠によっては逆転まである。

タンタアレグリア

7走前(新馬戦)チェックコメント
スローのUSをCD回すロスあってBB回した勝ち馬に0.3秒差は単純なロス換算では負けてない。直線の長い差せるコースの差せる馬場希望。フットワーク大きくてカッコイイ!パドックはモッサリしてる。

6走前(未勝利戦)チェックコメント
CUを外枠からD回してハナ差2着の惜敗。3着以下には残り200mだけで0.7秒もの大差付けた。

5走前(未勝利戦)チェックコメント
休明け+14kg。CUをDC回すロスしながらロスなく逃げた2着馬に0.2秒差はロス換算では完勝。500万でも通用しそう。

3走前(500万ゆりかもめ賞)チェックコメント
瞬とは言え、やや内有利をCC回すロスして2着は500万では力上位を証明した。

2走前(500万大寒桜賞)チェックコメント
力勝負で1着と500万では能力上を証明。

前走(青葉賞)チェックコメント
直線向いて残り350mまで馬ナリで、外から1,3着馬が迫って来てから追い出すも、大きく雄大なフットワークの馬だけにキレ脚勝負では分が悪かった。それでも一旦前に出られた3着馬を差し返してダービーの出走権利が取れたのは良かった。ペースが上がる本番の方が合うハズ。内枠を引ければチャンスある。

ミュゼスルタン

4走前(新馬戦)チェックコメント
スローを内回して直線も内でほぼ追うこと無く差し切り勝ち。

3走前(新潟2歳S)チェックコメント
差す競馬もコーナーでは内をロス回していた。単純なロス換算では2着馬が強いけど、この馬も強い。

2走前(スプリングS)チェックコメント
4角10番手では厳しい競馬になった。それでも、長期休養明け初戦で上がり最速タイで差して0.5秒差は、全く悲観する内容ではない。

前走(NHKマイルC)チェックコメント
勝ち馬が一枚上だった。

キタサンブラック

2走前(スプリングS)チェックコメント
スローペースを内枠から楽に先行した順馬での勝利。非常に大きなフットワークの馬なので、キレ脚勝負よりもこういう競馬が合ってる。スローペースでもハイペースでも先行して残せる馬だけに、こういう競馬を続けていれば大きく崩れることはないんじゃないかと思う。

前走(皐月賞)チェックコメント
この馬らしいベストな競馬をしての3着で、高速決着のこのレースに限っては力負け。ただ、恐らくダービーの舞台の方が合うハズで、ダービーの馬場と枠によっては楽しみ。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)