高松宮記念のレース回顧と次走以降の注目馬と、勝ち馬エアロヴェロシティについて

シェアする

2015年高松宮記念

2015年の春のG1一発目の高松宮記念は、ペース予測が真逆で不甲斐ない予想になってしまいました。

「馬場の内を開けて走る」という所までは当たってたんですけど、ここまでペースが緩むとは・・・というより、もう少し雨が多く降って馬場が緩む予想だったんですけど・・・

では、高松宮記念のレース回顧と次走以降の注目馬です。

スポンサーリンク

高松宮記念のレース回顧

ほとんどの馬が馬場の内を開けて走った通り、内はそれなりに悪かった。しかし、内を開けた馬群になった場合、馬群の大外を回すと逆に距離ロスが大きくなりすぎて厳しくなる。このレースは、馬場が悪いにも関わらず字面でもゆったりした平均ペースで上がりの競馬になって、馬群の前に位置していた馬が有利なレースになった。もっと正確には、馬群の中央(C,Dコース)を走った逃げ・先行馬が有利なレース。

↓具体的な「勝ちポジ」
2015年高松宮記念の「勝ちポジ」

高松宮記念の次走以降の注目馬

特になし。

このレースに関しては、特に次走で注目したいと思う馬は居ません。

この路線の次の目標は安田記念になると思うんですけど、安田記念で有力になると思える馬が居ないので、注目馬はなしにしました。

あえて1頭挙げるとしたらダイワマッジョーレでしょうけど、関東輸送は馬体を減らすんですよねー。

編集後記

最後に、勝った香港馬エアロヴェロシティについて少々。

去年の勝ち馬と全く同じ競馬をしての1着。いかにもパワーのある馬体と走法の馬だけに、荒れ馬場を全く苦にしないのでしょう。スタートも良く調子も良かったんだと思う。

スプリンターとは思えない大きなフットワークで走るだけに、瞬発力勝負では分が悪い。秋のスプリンターズSに参戦するとのことも、軽い馬場になると厳しいと思う。日本だと時計の掛かる荒れ馬場でこそ。

著書

こんな本(電子書籍PDF)を書いてます(リンク先のページ内に無料プレゼント有)
Be Winning Horseplayer 投資競馬運用バイブル

プロフィール

プロフィール メンバー登録

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)